銅とグラフェン、トポロジカル

Google Alert - グラフェン

京大、高次高調波発生を<b>グラフェン</b>で実現 - 照射した赤外光が可視光に変わる (月, 22 5月 2017)

>> 続きを読む

京大、高次高調波発生を<b>グラフェン</b>で実現 - 照射した赤外光が可視光に変わる (月, 22 5月 2017)

>> 続きを読む

ビットリア CORSA 28インチ×25mm幅 チューブラー スキンサイド <b>グラフェン</b> (月, 22 5月 2017)

>> 続きを読む

211 熱量と文字数 【ふつヲタ特集 2017春】 (月, 22 5月 2017)

>> 続きを読む

亜沙美創刊号

俳句

輝いた 夏の思い出 咲く花火 / お疲れ様 人影のない 海の家 / 軒下で 知らせる 秋風鈴

月やさし 秋には秋の 実る恋 / 赤とんぼ 寂しさつのる 群れの中 / 夕暮れが ふと目に残る 帰り道

 

 

詩・ノアの箱舟

心の嵐を前にして 箱舟に乗り込め  焦るのは 当然だ

 

つがいになれない人間を一気に消し流してしまう嵐が近い

自分の守るべき家族を探せない者よ  嵐は近い

世の中の嵐は知らないまに 僕の遺伝子洪水後の世界に残さないように

雨が降りはじめている

 

短歌

の灯かりが揺れる午後の部屋 夕立知らずにまた飛び立ちぬ

僕にだけ見せる寝顔の幼さよ 汚れを知らぬ 朝露の音

はちきれん ばかりに膨らむ 入道雲 熱い体を 潤す雷雨

夕立のあとに みつけた 虹の色 暗闇から戻った 光まぶしき

揺れ動く のぼりくだりの青春を 今ごろ味わう 三十二歳

 

教えるよ 僕の心のアドレスを 君にだけ届け 恋のウェブログ

男って どうしてあれを 求めるの? 理性を超える 愛を見たくて

紫は 大人の恋の 羽の色 浮気なあなたに 狂おしい

 

詩・ヘルプ

助けてよ パンクしそうなんだ 難しい仕事とせっぱ詰まった締切り

頭はスリープ 耳もストップ 焦ってる僕を不思議そうに見ないで

ノートは落書き パズルはなぞ解き 静かな声で話して下さい

テキストは真っ白 合格は赤信号 ぐずぐずしてる僕を怠け者として見ないで

砂漠はカラカラ 蜃気楼はユラユラ さりげなくヒントをサジェストして下さい

 

理系・リチウム電池

デルのパソコンのなかのソニーリチウム電池がリコール。

リチウムは高性能な電池に使われる金属で、軽くて電圧の大きな電池を作れる。

が、そのパワーはリチウムの危険性と裏表の関係だ。

 

水と反応して発火する。空気中の水分とでも反応する可能性がある。

 

製造工程で不純物が入り込む事が原因の一つではないかと疑われている。

電池とは金属が薬品にゆっくり溶かされていくときに電気を取り出すものだ。

充放電は化学反応そのものであり、電池の使い方の積み重ねが性能や危険性に直結する。

 

映画評

ゲド戦記」に表われる魔法使いの光と影のヒエラルキーを基に現代社会を再構築せよ。

*精神性

魔法使い」があらわれるが、

これは幻覚や幻聴を操る事の出来る呪術師のなごりと捉えられる。

古代では、祭と政治は呪術を中心に一つであった。

その集団心理を操る技術こそ、麻薬と催眠術だ。

現代人もこの手の魔法にひっかかりやすい。大学新入生を勧誘する怪しいカルト宗教だ。

魔法使いは天才であり、狂人でもある。

この二重のヒエラルキーが任務としての殺人や戦争を引き起こし、強烈な差別の原因になる。

*原作性

ゲド戦記はアメリカ女性作家の原作だ。

そのため、ヨーロッパやさらに古いエジプトなどの歴史に対する憧れが大きい。

一方で家の周りの畑を耕し、牛や羊を育てたアメリカの田舎や開拓への懐かしさも感じられる。

現代人の心の貧しさは家族と職場が離れてしまったことも原因の一つだからだ。

:*テーマ性

 

永遠なものは「愛」とその結晶である「子供」しかない。少子化や家族、性という現代問題を扱う。

人間の理性は一部の天才によって操られてしまうほど弱い

戦争と差別を繰り返した歴史の【狂気】を受け入れ、

【愛】のある平凡な暮らしを求めるしかない。


 

亜沙美2号

月刊azami〈9月は…〉


(短歌)

公園で 疲れた心を癒す 仲良く泳ぐ 無邪気な姿

夏の鯉 生きる勇気を くれました 生き抜く知恵が 足りない僕に

スカートの 端を押さえる 女子学生 季節のの いたずら心

居酒屋で 二人で作る 鍋料理 小さな部屋の 小さなキッチン

だけが 今夜の秘密を 見つめてる 暗い小部屋の 電気を消して

大空が 紫色 暮れかかり 楽しく遊んで 帰る道程

アゲハさん 生きる喜び 羽根の色 教えてくれて ホントありがと

優しさが最後を飾るメッセージ《寂しいときは また誘ってね

 

(俳句)

燃えていた 夏のなごりの 黒い肌 / かえらない 輝く夏は 過去の夢

丁寧に セミのなきがら 埋める子ら

草かげに 秋の響き コンサート / 夕焼けが 寂しさ照らす 田舎道

 

〈コラム〉

アンアンの、「男が考える成績の高い女とは?」特集を考える。

男性100人アンケート結果。

一位のをはじめ、ナイスバディ、家事、高収入などが正直にならんでいる。

これを読むと「自分は当てはまらない」と絶望する女性もいそうなキーワードだ。

が、そんなルックスがイマイチな女性への救済をアンアンは忘れない。

それが、2位以下の気配り、癒し、おしゃれ、愛嬌だ。

結局は、自分磨きと称して、化粧品を買わせる広告への誘導だ。

いい男をつかまえる事が幸せへの近道だというメッセージが奥に見える。

心の弱みに付け込む姑息な商売だ。

 

〈意見〉

現代の賃金格差は能力の差をそのまま表していない。

派遣、請負など労働者に著しく不利な条件が広がっている。

フリーターを正社員に採用する大手企業は2%以下である。

グローバル化だからといって賃金を下げるような企業の経営者には労働弱者の痛みは分からないだろう。

再チャレンジ社会に向けて政府に頼らざるを得ない。

若者が政治に期待しないのは新聞屋の世論誘導の結果だ。

恵まれた立場の人間が都合のいいように政治を動かしている現実を

伝える使命を新聞屋は忘れている。

 

〈詩〉

なみだのだしかた 忘れてしまった この世の果ての 暗い部屋

動くに動けず 食事も選べず そとのまぶしさ 窓から見える

なみだのだしかた 忘れてしまった 僕の世界は 涙のない国

さみしい世界のなかで これからずっと生きていくんだ

つらくてもよわくても 生きていくんだ

あなたのいない世界におびえる私 二度と恋にときめかない予感

 

〈芸能〉

夏川結衣・基礎知識

夏川結衣

なつ かわゆい

こんな駄洒落あり?

昔、グローブの曲が印象的なドラマに主演してたな。なんだったかな。

ああ青い鳥だ。

主演俳優は演技のうまい、かっこいい男だった。

そうそう。豊川悦司だ。

夏川は美人だが、あまりブレイクしたい印象はないな。

夜がまたくる

という映画に主演して、そのビデオがオヤジ雑誌で

1万円ぐらいで通販されてたんだよ。

エロい濡れ場がたくさんあるって宣伝されてた。

夜中にテレビでやってたのを見たけど、

ぜんぜんないよ。エロ場面。放送用にカットされたのかな?

あれ?このネタかなり有名?ググるとトップに現れる。

夏川結衣は、今ドラマのおかげで人気でてきたみたいだから再評価してみる。

画像検索してみたけど、いい写真ないな。

上品な役が似合うと思う。ドラマも今度みるぞ。

 

亜沙美3号

月刊azami〈10月は…〉


【書評】

海馬」糸井重里、池谷祐二の対談。

海馬は簡単にいうと、瞬間の記憶をしっかりと記憶するか、

 

忘れていいかの判断をしているようだ。

記憶について、丸暗記と経験にもとづく記憶を

二つに分けて議論しているのが、印象的。

脳について科学と日常経験をつなぐ対談になっている。

海馬が壊れた人間について語る場面で、

 

5分の記憶しかない男がメモをたよりにして生きていく映画がでてきた。

私も、このタイプに非常に近い。

メモしないとすぐ忘れてしまう。

瞬間的な注意力のふらつきが、電源オフのように働いて

連続した記憶が消えてしまって発想や言葉が飛び飛びになる症状だ。

対談からの小さな教訓のひとつが

ちいさな目標をひとつづつ達成していく」っていうもの。

難しい資格を長期目標に据えて

簡単な資格を確実にとっていくことで「自信」をつける。

これが、私の勉強のテーマになってる。

 

【短歌】

秋の朝 安物買いに 並ぶ店 スーツでモテモテ 浅はか夢見て

腹筋が 割れてる姿に 憧れて 筋トレするも 三日坊主で

逆転のホームラン願う秋の夜 所詮叶わぬ 高嶺の花か

見上げれば 季節の移ろい 映す空 変わってしまった 心嘆いて

紫に 暮れかかる 夕空寂しげに 熱を失う 消えた恋心

【俳句】

カサカサと 失恋詩人の 歩く道 / に 暮れる夕空 寂しげに

手作りの 栗菓子、抹茶の おもてなし / デパ地下で 秋の便りの 栗きんとん

庭先で 秋刀魚焼く 夕食時 / おしゃべりに 刈田に集う 雀たち

夕暮れよ もう帰ろって ママの声 / 片思い 人肌恋しい 秋の夜

憂い 旅の京都 もみじ寺 / 夜長夢 休む間もなく 踊らされ

 

【陽水】

某掲示板で指摘されていたことの受け売りなんですが、

陽水の初期の名曲「傘がない」について。

まず、簡単に詩を紹介すると

新聞自殺する若者の記事があるが、問題は雨の中、君に会いに行くのに傘がない、という歌詞。

一般に社会ニュースより個人の恋を優先する若者を描いたという解釈だ。

が、掲示板で指摘があるのは

歌のイメージは、雨に濡れて自殺しにいく若者が浮かぶという。

好きな彼女に会いに行くはずなのになぜ、冷たい雨が心にしみ、目の中に雨が降るのか?

この謎を解くカギこそが「自殺」ではないか?

会いに行かなくちゃ、という切実さは

自殺直前に家族や友人に会いに行くのか。

自殺した友人のお葬式に行くのか?と思える。

深い悲しみのなかで、普段どおりのテレビ番組に違和感を感じている。

雨の中泣きながら、会いに行く「君」とは誰だろう?

陽水の歌い方から無意識で感じていた悲しみを改めて考察するファンに感心した。

【理系】

今日(10月6日)の気になった日経記事ログ。

原子炉の金属疲労抑える新技術・東芝

原子炉事業買収費用かさむ・東芝

遺伝子診断薬はじまる・個の医療

イメージング技術・癌細胞にマーキングして画像化する

バイクのリチウム電池発煙

すぐ立ち上がるパソコンに向けて、MRAM開発、HDD省電力化

 

亜沙美4号

月刊azami〈12月は…〉


私的5大ニュース2006

 

2006年を振り返ると出会い・再会が多い一年でした。

 

1、親友が地元Uターン就職。

気軽に飲みに行けるようになってうれしい。

 

2、学生時代の友人と再会相次ぐ。

一緒に旅行や、合コン、デートにお邪魔なんかしたよ。

 

3、J子さんと夏のロマンス

一瞬だったけどね。

 

4、職場異動。

新職場の面々は先に紹介したとおり。

 

5、知的財産検定2合格

ちっさな一歩だけど、うれしかったなあ。

 

番外は、

ブログで一日に140IPのアクセスを記録。

mixiデビュー。

映画たくさん観たこと。

富山、京都、東京など旅が充実。

 

詩・キミと僕が薬

眠れ!のんびり

すぐに朝が来る

 

月の光に見張られてるのも

星の動きに操られているのも

みんな気の迷い

疲れて

頭が精一杯なんだよ

 

いつも見守ってるよ

いつものように朝が来る

そしたら薬に会いに行こう

 

眠れ!のんびり眠ればいい

すぐ楽になる薬は売ってない

いつでも休息が大事なんだ

 

周りの期待に応えようと

頑張りすぎていたんだから

キミと会ってることこそが

僕を苦しみから救う

薬なんだ

 

12月の短歌・俳句ダーク

 

去るものは 追っても無駄と 言われても なおも恋しい 胸は変わらず

 

選択と 集中をする 時期なのに なんにでもなれる 夢見たままで

 

かじかんだ 指先をふと 眺めては 恋に触れてた を思い出し

 

眠られぬ 夜に湧き出た 歌心 朝日に当たり 酸化し消える

 

勝ち組の 叱咤激励 ほろ苦く 良薬と信じて 飲み込む言葉

 

考えても どうしようもない こともある なるようになる 日々是精進

 

過ぎてから 幸せ気付く 鈍いヤツ ぐずぐずしないで 次に全力

 

人生の 踏ん張りどころは なのか そんなにチャンスは転がってない

 

歌心 認めてくれた あの人を 癒せる歌を 思いの丈を

 

雪空を とかす情熱 胸に秘め 恋することより 鍛えることを

 

若さゆえ 軽い遊びの 気まぐれか? こちらが勝手に 先走っただけ?

 

目の前に 大きな幸せ 見つけても 力足らずに 掴めず泣く

 

雪だるま マフラー 手袋 赤い頬

クリスマス カード渡せぬ 片思い

 

里帰り 会話も弾む 囲む鍋

 

年賀状 個性とセンスの ご挨拶

枝先に 鳥に与える 柿の実や

ようやっと 恩師にギフト 送れる余裕